HOME>第430回CBI学会研究講演会 「日本の創薬を支える技術プラットホームと計算化学コンソーシアム-現状と未来-」

第430回CBI学会研究講演会 「日本の創薬を支える技術プラットホームと計算化学コンソーシアム-現状と未来-」

第430回CBI学会研究講演会 「日本の創薬を支える技術プラットホームと計算化学コンソーシアム-現状と未来-」

https://cbi-society.org/home/documents/seminar/2021to24/20220121.html

日時:2022年1月21日(金)13:00-17:05
場所:オンライン配信(Zoomウェビナー利用)

講演
★「AMED-BINDS 5年間の取り組みの成果と今後の展望」
善光龍哉(AMED)
★「蛋白質工学を促進するクライオ電顕ツールの開発と計算機科学との連携」
井上豪(大阪大学)
★「BINDS インシリコユニットでの計算創薬研究」
池口満徳(横浜市立大学)
★「スパコンを用いたタンパク質-医薬品結合親和性・結合解離パスウェイの高精度予測」
荒木望嗣(京都大学)
★「FMO創薬コンソーシアムが目指す次世代計算創薬」
福澤薫(星薬科大学)

お問い合わせ
情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局
〒108-0023 東京都港区芝浦3-11-1
キョウワクリエイト第一ビル3階
E-Mail: ushio@cbi-society.org