HOME>当学会について>定款

定款

第1章 名称

第1条 名称

本会は日本オミックス医療学会(英文名は「Japan Society for Omics-based Medicine」と記載する。)と称する

第2章 事務所

第2条 事務所

本会は、主たる事務所を東京都文京区湯島3丁目19番11号 湯島ファーストビル4F 株式会社シード・プランニング内に置く。

第3章 目的と事業

第3条 目的

オミックス情報と疾患との関係を理解するための研究を通して、オミックス情報に基づいた「新しい医学体系としてのオミックス医科学」の樹立を目指すと同時に、集積されたオミックス情報の統合と医療・健康分野への革新的利用を通じて、従来の臨床医学体系にとらわれない「個の医療・予測の医療」を実現するオミックス医療の確立を目指す。

第4条 事業

本会は目的を達成するために次の事業を行う。

  • 1.学術研究活動の促進
  • 2.定期学術集会、研究会、講演会等の開催
  • 3.ホームページ、学術雑誌及び学術図書等の刊行による普及啓発事業
  • 4.教育及び研修活動
  • 5.国内外の関連諸学会、各種団体等との交流並びに協力活動
  • 6.その他本会の目的を達成するために必要な事業

第4章 会員

第5条 本会の会員は、名誉会員、正会員、学生会員および賛助会員とする。

  • 1.名誉会員は、本会に特に功績があり、理事会の議決を経て承認された個人とする。
  • 2.正会員は本会の目的に賛同し、本会の事業に参加するオミックス医療学に関する専門の学識・技術を有するもので、所定の入会手続きを経て会員登録を行った個人とする。
  • 3.学生会員は本会の目的に賛同し、オミックス医療に学術的関心を有するもので、所定の入会手続きを経て会員登録を行った在学中の個人とする。ただし入会に当たっては在学証明書の提出を要する。
  • 4.賛助会員は本会の目的に賛同し、オミックス医療に関連のある領域において事業を営み、または活動し本会の事業を積極的に後援することを表明したもの、もしくは法人(法人格を有しない団体を含む)で、所定の入会手続きを経て会員登録を行った団体とする。賛助会員は、代表者1名の登録を要する。

第6条 会員の権限

  • 1.会員は、本会が主催する活動に参加することができる。
  • 2.正会員及び賛助会員の代表者は、評議員を選出し、総会における議決に参加できる。

第7条 会員資格の喪失

本会の会員は、次の時に会員資格を失う。

  • 1.所定の手続きを経て、退会手続きをとったとき
  • 2.会費の滞納が2期続いたとき
  • 3.本会の会員としての義務に違反したとき
  • 4.本会の名誉を傷つけ、または、本会の目的に反する行為のあったとき

第5章 会費

第8条 会費

  • 1.会員は別に定めるところにより、会費を納入しなければならない。ただし、顧問と名誉会員の会費は免除する。
  • 2.既納の入会金および会費は、入会を認められた後は、いかなる事由があってもこれを返還しない。

第6章 総会

第9条 総会の招集

  • 1.総会は、定時総会と臨時総会の2種類とする。
  • 2.定時総会は毎年1回、毎事業年度終了の翌日から3月以内に開催し、臨時総会は必要に応じて開催する。定時総会が年度開始から3カ月以内に開催されない場合は、その期間内に評議員会による仮承認を受けなければならない。
  • 3.総会は、理事長が招集する。
  • 4.総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を本会のウェブサイトに掲載し、少なくとも7日前までに通知しなければならない。
  • 5.総会は、委任状を含めて正会員および賛助会員の1/2の出席をもって成立要件とする。

第10条 総会の議事

  • 1.総会の議事は、出席した会員の過半数をもって決する。
  • 2.総会は、以下の事項について審議する。
    • (1) 定款の変更
    • (2) 解散及び合併
    • (3) 会員の除名
    • (4) 事業計画及び収支予算ならびにその変更
    • (5) 事業報告及び収支決算
    • (6) 役員の選任及び報酬
    • (7) 入会金及び会費の額
    • (8) 解散による残余財産の帰属
    • (9) 事務局の組織及び運営
    • (10) 監事の解任
    • (11) その他運営に関する重要事項

第11条 議事録

総会の議事については、議事録を作成し、議長及び総会で選任された議事録署名人1名が署名押印しなければならない。

第7章 理事会

第12条 構成

理事会は、理事をもって構成する。

第13条 理事会の権能

理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を議決する。

  • 1.総会に付議すべき事項
  • 2.総会の議決した事項の執行に関する事項
  • 3.理事の選任又は解任
  • 4.事務局の組織及び運営に関する事項
  • 5.予備費に関する事項
  • 6.予算の追加及び更正
  • 7.その他総会の議決を要しない業務の執行に関する事項

第14条 理事会の開催

理事会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。

  • 1.理事長が必要と認めたとき。
  • 2.理事総数の3分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面又は電磁的方法をもって招集の請求があったとき。

第15条 理事会の招集

  • 1.理事会は、理事長が招集する。
  • 2.理事長は、前条第2号の規定による請求があったときは、その日から30日以内に理事会を招集しなければならない。
  • 3.理事会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面又は電磁的方法をもって、少なくとも5日前までに通知しなければならない。

第16条 議長

理事会の議長は、理事長がこれに当たる。

第17条 定足数

理事会は、理事総数の過半数(委任状を含む)の出席がなければ開会することができない。

第18条 議決

  • 1.理事会における議決事項は、第15条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。
  • 2.理事会の議事は、理事総数の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第19条 表決権等

  • 1.各理事の表決権は、平等なるものとする。
  • 2.やむを得ない理由のため理事会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について書面又は電磁的方法をもって表決することができる。
  • 3.前項の規定により表決した理事は、第17条及び次条第1項の適用については、理事会に出席したものとみなす。
  • 4.理事会の議決について、特別の利害関係を有する理事は、その議事の議決に加わることができない。

第20条 議事録

理事会の議事については、議事録を作成し、議長及び理事会で選任された議事録署名人1名が署名押印しなければならない。

第8章 役員

第21条 役員

  • 1.本会に役員として、理事25名以内、幹事若干名、顧問若干名および監事2名以内とする。
  • 2.理事のうち理事長1名、副理事長3名以内をおく。

第22条 評議員

  • 1.学会の事業を円滑に執行するために、評議員会をおく。
  • 2.評議員会は毎年1回以上理事長が招集する。
  • 3.評議員会は、評議員をもって構成する。
  • 4.評議員は、正会員及び賛助会員の互選で選出する。
  • 5.本会の評議員は50名以内とする。

第23条 役員選出

  • 1.理事及び監事は、別に定める規則に基づき、評議員が選出する。
  • 2.理事長は理事の互選で選出する。
  • 3.副理事長、理事の役割および幹事は理事長が委嘱する。
  • 4.本会には役員のほかに顧問をおくことができ、理事長が指名するものとする。

第24条 役員の任期

  • 1.役員の任期は次の場合の除き、選出日より後に来る最初の会計年度の初日から3年とし、再任を妨げない。
  • 2.設立時の役員の任期は2017年3月31日までとする。

第9章 会務

第25条 会務

  • 1.理事長は本会の会務を統括し、唯一本会を代表する。
  • 2.副理事長は理事長が職務を遂行出来ないときにはその職務を代行する。
  • 3.理事は、理事会を組織し、事業計画案、収支予算その他会務全般について審議する。
  • 4.幹事は、事業計画、収支予算、その他全般について理事長等の職務の補佐をする。
  • 5.監事は、本会の業務及び財産に関してその執行状況を監査し、総会に報告する。
  • 6.顧問は、理事会、総会等に参加して意見を述べることができる。
  • 7.本会の決算、理事会議事要旨および事業報告書は理事長が作成し、理事会の承認を得た後、当該会計年度の終了後3か月以内に、監事の意見をつけて総会の承認を得なければならない。

第26条 会計年度

本会の会計年度は4月1日に始まり3月31日に終わる。

第10章 事務局

第27条 事務局の設置

  • 1.本会に、本会の事務を処理するため、事務局を設置する。
  • 2.事務局には、事務局長及び必要な職員を置く。

第28条 職員の任免

事務局長及び職員の任免は理事長が行う。

第29条 組織及び運営

事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、理事長が別に定める。

第11章 定款の改正

第30条 定款の改正

本定款の改正は理事会の承認を得た後、総会での出席会員の過半数の賛成(委任状を含む)を経なければならない。

第12章 雑則

第31条 細則

この定款の施行について必要な細則は、理事会の議決を経て、理事長がこれを定める。

附則

  • 1.設立時の役員は、別表に定めたとおりとする。
  • 2.本定款に定めのない事項は、理事会において別に定める。
  • 3.この定款は2013年10月31日から施行する。
  • 4.正会員、学生会員、賛助会員の会費は別表に定めた通りとする。

会員特典

  • 1.名誉会員は、理事会の議決を経て承認された個人とする
  • 2.会員は、本会が主催する各種の活動に参加することができる
  • 3.会員は、本会が保有する最新情報等のデータを閲覧する資格を有す
  • 4.学生会員入会には、在学証明書あるいは学生証等のコピーを添付する
  • 5.賛助会員は一口につき会員を20名登録することができ、内一名を代表者として登録する
  • 6.賛助会員は、事業の広報宣伝活動の資格を有す
  • 7.賛助会員の代表者は、評議員を選出して総会における議決に参加できる
  • 8.会員は、下記に定める会費を納入しなければならない
  • 9.学会の事業年度は毎年4月1日から翌年3月31日とする

会員種別および年会費

入会金 年会費
正会員 0円 5,000円 個人
オミックス医療学に関する専門の学識・技術を有する者
賛助会員 0円 一口
200,000円
(一口以上)
法人、法人格を有しない団体
オミックス医療に関連のある領域において事業を営み、または活動し、本会の事業を積極的に後援することを表明したもの
学生会員 0円 2,000円 個人
オミックス医療に学術的関心を有する者で在学中の個人